FOLLOW ME

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

​使用機材

直焦点撮影に使用している望遠鏡と赤道儀

Meade RCX400-35 (口径356mm, 焦点距離2846mm, F8.0)

 総重量が38kg程あり持ち運ぶのに苦労しますが、良い望遠鏡です。


Celestron C11 (口径280mm, 焦点距離2800mm, F10)

 アメリカのStarizonaというちょっとユニークな会社が出しているSCT Corrector LFを装着して使用しています。

 このコレクターを装着した場合の焦点距離とF値は、焦点距離2000mm, F=7.2となり、だいぶ扱いやすくなります。

WilliamOptics WOStar71 (口径71mm, 焦点距離350mm, F4.9)

 オーストラリア遠征用に購入した単焦点の望遠鏡です。フルサイズでも周辺まで星が丸く写ります。

 コストパフォーマンスの高い望遠鏡だと思います。

Takahashi EM400 Temma2M

 35kgまで搭載できる大型の赤道儀です。38kgオーバーのRCX400-35を搭載しても問題なく撮影できています。

Vixen GP赤道儀

 20年近く前に購入した赤道儀ですが、スカイセンサー2000PCと共に、今でも現役です。

 オーストラリア遠征にぴったりな赤道儀です。

Vixen GPD赤道儀

 こちらも20年近く前に購入した赤道儀です。

 今ではあまり使用する機会もありませんが、予備として保管しています。

タイムラプス用機材

Syrp Genie mini

 ニュージーランドのSyrpという会社のモーションコントローラーです。

 二つを組み合わせることで、上下左右に動きをつけることができます。

Syrp Genie

 単体で回転させて、カメラを左右に振ることができると同時に、スライダーの上を滑らすことで、

 リニア方向の動きをつけることができます。

Syrp Magic carpet CF

 カーボン製のスライダーです。60センチごとに分割できるので、持ち運びが容易です。

Syrp Slingshot

 木の幹や電柱などの間にロープを張り、スライダーよりもカメラを長い距離移動させることができます。

カメラとレンズ

QSI690ws-g

 アメリカの会社の冷却CCDカメラです。CCDのサイズはフルサイズの1/7程しかありませんが、

 MeadeやCelestronの望遠鏡と組み合わせることで、系外銀河や惑星状星雲をクローズアップして撮影することができます。

ZWO ASI-290MC

 中国の会社の冷却カラーCMOSカメラです。

ZWO ASI-174MM mini

 中国の会社のカメラです。主にガイドカメラとして使用しています。

Nikon D810A

 一般写真と天体写真の両方を撮影するために購入しました。

 特に星空のパノラマ撮影や、タイムラプスで使用しています。

SONY α7RⅢ

 タイムラプス用に購入しました。

 α7RⅡではあっという間にバッテリーがなくなってしまいましたが、α7RⅢではずいぶん改善されました。

 軽くて旅先に持っていくにはベストです。

Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD

 主に星景写真やタイムラプスなどに使用しています。

SONY FE 70-200mm F4 G OSS (SEL70200G)

 タイムラプスで遠景を撮影したい時に使用しています。

SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM

  タイムラプスで使用しています。

フィルター

 

Astrodon GenⅡ (E series) LRGBフィルター

 モノクロ冷却CCDカメラで天体写真を撮影する際に使用します。

Chroma Technology Hα, Hβ, OⅢ, SⅡフィルター (3nm)

 ある特定の波長域のみを透過するフィルターです。